2011年12月31日

The Pillars of the Earth読み始めました


連日頭痛がひどく、昨日なんて朝起きた瞬間からズキズキ・・・

ネットで頭痛の原因を調べてみたところ、「目を使いすぎ」という気になる項目が。

もしかして、本の読み過ぎ??

ってことで昨夜は読書を控えてみました。


最近読んでるのは、こちらです↓

0451166892The Pillars of the Earth
Ken Follett
Signet 1990-07-09

by G-Tools


この本に関して、児玉清さんが、今年のお正月にテレビでこんな話をされていました。
英語版で読んでる最中にイギリス行きが決まって、
そんな重い本を持って行くのかと家族に笑われたので置いて行ったところ、
機内でずっと続きが気になり、空港についた瞬間に本屋で購入。
まもなくドイツに行くことになり、またもや本を置いて行ったところ、
やはり続きが気になりドイツでドイツ語版を購入して読み終えた。そうです。

すごいわ。

残念ながらお亡くなりになってしまったけれど、
私もこんな風に死期が迫っても洋書を楽しみたいなと思いました。


さて、はじめて大人の本に挑戦!
完全お手上げを予想してたのですが、意外に読めます。
難しさはハリポタ並みかと。
しかも人間界のお話なので、バイクや車が空を飛んでたり、
突然動物に変身するなんていう想定外のことが起こるはずもなく、
先が想像し易く、読み易いです。

冒頭のシーンから中世の世界に惹き込まれます。
そして次から次へといろんなことが起こります。
も〜、止まらない!
(だから頭痛?)
それにしてもTomさん、妻が亡くなった日に何してるんですか?
「Angel(*´∀`)」じゃねーだろ。怒

分量的に半年くらいかかるかと思ったけど、もうちょっと早く読み終わりそうです。


あっ、今、記事を投稿しようとして気がつきました。
今日は2011年最後の日ですね(笑)
引き籠ってると、日付がわからなくなります。汗

一年間、大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いします!!
posted by えなきち at 10:21| Comment(10) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

HOLES読了



だいたい休日のパターンが決まってきました。

午前中は年賀状作り

午後からお決まりの頭痛→昼寝

夕方起床、まだ頭が痛いのでそのままベッドの中で読書。

こんなかんじです。


昨日、HOLES読み終えました。
ハリーポッターと同じく、男の子の成長物語でした。
アンブリッジみたいにむかつく大人の女が登場するのも一緒。

でもハリポタよりも一文が短いので読み易かったです。
語彙でつまることはあっても、構文でつまることはないです。

正直アマゾンで絶賛されてるほど面白いかといえば、う〜ん・・・ってかんじですが。
ハリポタの感動が冷めない内に読んでしまったからかもしれないけど。

0440414806Holes
Louis Sachar
Yearling 2000-05-09

by G-Tools


posted by えなきち at 11:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

Harry Potter and the Deathly Hallows読了


残り150ページは1日で読めませんでしたorz

23日、朝から張り切って読んでたのですが、
午後には疲れて寝てしまいました。
おかげて50ページも翌日に残すというありさま。

24日は頭痛がする中クリスマスの買い出しに行ったのが堪えて、
これまた午後には疲れて寝てしまいました(笑)
夜、保冷剤で頭を冷やしつつ残り50ページ読破。


死に立ち向かうところ、本当の勇気ですね。
ハリーの成長を感じました。
最後はヴォルに説教しちゃってるし(笑)


スネイプ先生の想いはせつなかったです。
彼の過去についてはネタバレ目撃してしまって知ってたんだけど、それでもせつなかったです。
でも、できれば何も知らずに感動したかったよーーー!!


最終巻は懐かしい人達がたくさん登場しました。
どうしてるかな〜と思ってたColinちゃんも。
謎が次々に明らかになって、最後はすっきり読み終われました。



ローリングさんに苦言を呈するとすれば、、、

殺しすぎ!

児童書でこんなに惨殺しちゃっていいんですか?!
ストーリー上、必要ない死が多すぎます。

それから、、、ヴォルが怖くない。
うっかりペネロペ並みにうっかり者なんですよ〜。
まあ人間らしいといえばそうなんだけど(あっ魔法使いだった。笑)


そんな不満はあるものの、シリーズを通して、生と死、愛と勇気、これらを考えされられる傑作でした。
児童書と思って馬鹿にしないで、ぜひ大人も読んで欲しいな〜と思います。

3年近くもハリポタシリーズ読んでたので、最後はちょっと寂しかったですね。
寂しいけど晴れ晴れした、卒業式みたいな気持ちでした。(どんなんよ。)



さて、次の洋書はこちらです。

0440414806Holes
Louis Sachar
Yearling 2000-05-09

by G-Tools



いつ買ったんだっけ?と過去の記事を検索してみると・・・
2010年3月でした↓
http://enakitty.seesaa.net/article/143517054.html

まだ読み終わってないのに次の洋書を買うなんて今では当たり前の行為なのに、
あの頃は罪悪感を感じてたんですね〜。初々しいわ。

HOLESは洋書初心者にオススメな児童書らしく、
Amazonの洋書売上げランキングでは常に10位以内の人気ぶり。
なんか・・・ハリポタ読む前に読んどけよってかんじですが。
250ページと薄いし、1ページの文字数も少ないので、たぶんすぐ読めるはず。
ではでは〜。

posted by えなきち at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

ハリポタ残り150ページ



健康な状態がどんなだったか忘れるくらい長くて辛かったつわりが、
やっと、やっと、終わりました〜〜〜〜!!!

普通に生活できる幸せを噛みしめています。

まだ疲れやすいし車に乗るとすぐ酔うので年末の旅行は微妙なところだけど、
でも元気にクリスマスとお正月を迎えられるのが何より嬉しいです。


先週末は久しぶりに旦那サマとデートできました。
クリスマスプレゼントも買ってもらった♪


2011.12.22.JPG


イマドキの腕時計が笑っちゃうくらい似合わないので、クラシカルな時計で。
祖母が同じようなの持ってたな。笑

ついでに「2666」の驚くべき厚さを、さりげなく公開してるところにもご注目ください。



さてさて、ハリポタ最終巻、残り150ページになりました。
いよいよ舞台はホグワーツへ。
主要人物全員結集して、盛り上がってきましたよ〜〜。
続きが気になるので、あの分厚い本を毎日職場に持ってきて、昼休憩に読んでいます。


明日の祝日は旦那サマがお仕事なので一気に読み終えてしまおう。
(旦那サマが在宅だとテレビの雑音で読書できない。別に寝室で読めばいいんだけど、寒くて暗いので。)
私は読むスピードが遅くて1時間で14〜15ページくらいしか読めないので、10時間以上かかりそうですが(^_^;)


ハリポタ終わった後の計画↓
ずいぶん前に買った薄い児童書が1冊あるので、それをさくっと年内に読み終えて、
来年からはいよいよ「大聖堂」の原書「The Pillars of the Earth」に取りかかろうと思います。
あと和書もいろいろ買ちゃったので読まなくては。
年賀状と大掃除は・・・来週でいいよね。笑

posted by えなきち at 09:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

Amazonで洋書購入



今朝、ハートさんの日記を読んでびっくり!


なんと、洋書の蔵書数が某本屋を抜いたらしいです(爆)


いや〜ほんと、世の中にはすごい人がいるもんです。
(ジュンク堂を超える蔵書数の洋書専門店がOPENしたら、私、月1で通いますのでよろしく!)



そのハートさんにオススメされた洋書、ロベルト・ボラーニョの『2666』を先日Amazonで買いました。
03304474322666
Roberto Bolano
Picador 2009-07-04

by G-Tools


某大学から届いた広報誌でラテンアメリカ文学の代表としてロベルト・ボラーニョが紹介されているのを読んで、いてもたってもいられず。笑


20111217-2.jpg



紹介文の最後はこう締めくくられています。


「私たちが現在翻訳中の超大作『2666』をはじめ彼が遺した少なからぬ作品の紹介が進むにつれ、この作家の評価は日本でもますます高まるにちがいない。」


訳本、出るんですね―――!!!
訳本さえ手に入れれば、最悪1章ごとでも英語で読んで、すぐに日本語で確認ができます。
ハリポタのDeathly Hallows並みに手に入れたいです!!
早く翻訳して、早く出版してね♪


あとAmazonで買ったのは、
児玉清さんが英語版とドイツ語版で読破したという『大聖堂』の原書。
0451166892The Pillars of the Earth
Ken Follett
Signet 1990-07-09

by G-Tools

これまた1000ページの大作です。
しかも字が小さい!!
ハリポタはやっぱり児童書なんだな〜と改めて実感。
でもがんばって読むよ!


あと、紀伊國屋で見かけて表紙に惹かれた『Shanghai Girls』
1408804638Shanghai Girls
Lisa See
Bloomsbury Publishing PLC 2010-02-09

by G-Tools

日本占領下の上海の姉妹のお話らしいです。
この時代の上海の雰囲気がたまらなく好きなんだなぁ。
(アン・リー監督の『Lust Caution』とか)
これはシドニー・シェルダンと同じくらいの厚さなので、サクッと読めるはず。


積読本が増えてホクホクなワタクシでありました。


20111217-1.jpg



世間一般の『多読』の方法とはかけ離れてますが、自分が興味ある本を読むのが一番だと思うんですよね。
無理してつまんない児童書を何十冊と読んでも面白くないし。

てな訳で、「超キリン読み」は続く・・・

posted by えなきち at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。