2011年12月26日

Harry Potter and the Deathly Hallows読了


残り150ページは1日で読めませんでしたorz

23日、朝から張り切って読んでたのですが、
午後には疲れて寝てしまいました。
おかげて50ページも翌日に残すというありさま。

24日は頭痛がする中クリスマスの買い出しに行ったのが堪えて、
これまた午後には疲れて寝てしまいました(笑)
夜、保冷剤で頭を冷やしつつ残り50ページ読破。


死に立ち向かうところ、本当の勇気ですね。
ハリーの成長を感じました。
最後はヴォルに説教しちゃってるし(笑)


スネイプ先生の想いはせつなかったです。
彼の過去についてはネタバレ目撃してしまって知ってたんだけど、それでもせつなかったです。
でも、できれば何も知らずに感動したかったよーーー!!


最終巻は懐かしい人達がたくさん登場しました。
どうしてるかな〜と思ってたColinちゃんも。
謎が次々に明らかになって、最後はすっきり読み終われました。



ローリングさんに苦言を呈するとすれば、、、

殺しすぎ!

児童書でこんなに惨殺しちゃっていいんですか?!
ストーリー上、必要ない死が多すぎます。

それから、、、ヴォルが怖くない。
うっかりペネロペ並みにうっかり者なんですよ〜。
まあ人間らしいといえばそうなんだけど(あっ魔法使いだった。笑)


そんな不満はあるものの、シリーズを通して、生と死、愛と勇気、これらを考えされられる傑作でした。
児童書と思って馬鹿にしないで、ぜひ大人も読んで欲しいな〜と思います。

3年近くもハリポタシリーズ読んでたので、最後はちょっと寂しかったですね。
寂しいけど晴れ晴れした、卒業式みたいな気持ちでした。(どんなんよ。)



さて、次の洋書はこちらです。

0440414806Holes
Louis Sachar
Yearling 2000-05-09

by G-Tools



いつ買ったんだっけ?と過去の記事を検索してみると・・・
2010年3月でした↓
http://enakitty.seesaa.net/article/143517054.html

まだ読み終わってないのに次の洋書を買うなんて今では当たり前の行為なのに、
あの頃は罪悪感を感じてたんですね〜。初々しいわ。

HOLESは洋書初心者にオススメな児童書らしく、
Amazonの洋書売上げランキングでは常に10位以内の人気ぶり。
なんか・・・ハリポタ読む前に読んどけよってかんじですが。
250ページと薄いし、1ページの文字数も少ないので、たぶんすぐ読めるはず。
ではでは〜。

posted by えなきち at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/242640804

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。