2012年05月17日

The Pillars of the Earth 読了


0451166892The Pillars of the Earth
Ken Follett
Signet 1990-07-09

by G-Tools



やっとやっと読み終わりました。

半年かかったのか・・・感無量。


最大の魅力は登場人物がみんな個性豊かなことですね。
悪役はありとあらゆる悪事を働き(笑)、事あるごとに善人の邪魔をします。
その悪事をいかに阻止するか、知恵を絞る行程が楽しかったです。


最後の18章で唐突にThomasなる人物が登場して、
結局なんだかよくわからないまま最後まで読んでしまったのですが、
後で調べたらThomasさんは実在の人物で、18章の一連の出来事は英国史上有名な事件らしいです。
その事件にThe Pillars of the Earthのメンツを登場させたかったんですね、作者さん。
(言い換えれば18章はおまけ?笑)

というわけで、最後の感動はなかったのですが、
終盤でPhillipさんが長い間敵対していた人物の心をつかむシーンがあるのですが、そこがなかなか感動的でした。

でも一番の感動といえば、これほど長〜い大人向けの本を読めたことですね。
私もやればできるじゃん!

ってことでベビちゃん、もういつでも産まれてきていいですよ〜


posted by えなきち at 17:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうなの?どうなの?もう出そうなの?

いち、にぃ〜、だ〜!!

でスッキリしてきてください(笑)

Posted by のんたむ at 2012年05月19日 19:14
のんたむ

まだまだ全然出てくる気配ないですよ〜
ほんと早くスッキリして、9ヶ月ぶりのうつぶせ寝を満喫したいです。
Posted by えなきち at 2012年05月20日 10:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/270405684

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。